読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局ネットサーフィンで背中を押してくれる言葉を探してませんか

何か決断するとき、何か買い物するとき、何か新しい事をするとき、ネットで口コミや評判・経験を探していませんか。だって背中を押してほしいんだもん

買取や査定の口コミをネットサーフィンしてみる

実際に利用してみてどうだったか、など感想やレビューをかいているブログやサイトはたくさんあります。

 

口コミといってもあくまで個人的な感想であってとても主観的なものです。

 

 

利用した方の属性によってとらえ方もかわってくるでしょう。

大人なのか、子供なのか、何歳ぐらいの人でどこに住んでいるか・・・

 

ネットで書いている事はなぜか、良い情報よりもネガティブな情報を探す傾向があるみたいですね。ただ、ネガティブな情報は極端な表現だったりします。

5段階評価であれば1だったり。  

たくさん5段階中5の評価がある中で、ひとつでも1があると気になっちゃったりするんでしょうね。単純に「目立つ」からかもしれませんがとりあえず目は通してしまうのが人情だったりしますよね。

 

本当にサービスが悪い場合は総じて良くない評価がたくさんあるものです。

なので極端な内容でない限り、それほど私は気にしておりません。

 

それより気になるのは良い評価も悪い評価もない、そもそもレビューがなかったりすることです。

つまるところ、サービスそのものを利用している方がいない、これが一番困ることですね。

もしかして、自分が初めて使う・・・?いやいや、そんなことはないかと思いますが、それにしてもあまりにも情報が無さすぎると不安ですよね。

 

なので、一定の利用者がいれば全然OKだと思っております。